img_02
TOP > シミの治療は美白化粧品より皮膚科がおすすめ

シミの治療は美白化粧品より皮膚科がおすすめ

シミには、紫外線を浴びた影響で作られたメラニン色素が排出されずに肌に沈着して出来るタイプのものがあります。

このような薄茶色の色素沈着は頬などに出来やすく、老人性色素斑と呼ばれていて40歳頃から目立ってくるケースが多いですが、早い場合は20代からこのような肌トラブルに悩んでいる人も見られます。



ところで、ドラッグストアやインターネットで販売されている美白化粧品はシミに効果があると書かれていることが多いので、今出来ているシミを消せるかもしれないと思って使っている人もいることでしょう。

しかし、実は大部分の美白化粧品は、紫外線の影響で出来る肌トラブルの予防には効果が期待出来るものの、既に出来てしまっているものに対しては薄く出来るかどうかという位の効果しか持っていないことがわかっています。



もちろん、これから出来る肌トラブルを防ぐことは今よりも状態を悪くしないために役立つことなので、美白化粧品を使うことは良い事ですが、すでに出来てしまっている色素沈着を消したいなら、皮膚科や美容皮膚科で治療を受けるのがおすすめです。

皮膚科や美容皮膚科では、シミの治療方法として、レーザー治療やフォトフェイシャル、ビタミンCやトラネキサム酸などのイオン導入、ハイドロキノンなどの外用薬といった、様々な方法が利用出来るので、それぞれの人のシミの症状や程度によって最適な治療法を選び、状態の改善を図ることが出来ます。

美白化粧品で肌トラブルがあまり良くならないと感じているなら、クリニックに相談に行ってみるのがおすすめと言えます。