img_02
TOP > 皮膚科でのシミ治療とは

皮膚科でのシミ治療とは

いつのまにか出来てしまうシミは、女性にとって大きな悩みのひとつです。

治療には、自宅で美白化粧品でケアする方法と、皮膚科でケアを受ける方法とに分けられます。皮膚科の場合はレーザー治療というイメージを持つ方が多いのではないでしょうか。

これはレーザーを患部に照射することで、メラニン色素を焼切ることが出来ます。
あくまでもメラニン色素のみに反応するので、他の正常な皮膚に影響はありません。

しかし、じつはその他にも、様々な方法が存在しているのです。

それは、外用薬や内服薬を処方してもらうことです。



外用薬には、ハイドロキノンやトレチノインがあります。

ハイドロキノンは、漂白作用が強いのが特徴で、有効成分が5~10%と高い濃度で含有されています。
トレチノインは、コラーゲンを生成して肌のターンオーバーを促すことで、メラニンを排出する働きが期待できます。


そして次に、内服薬には、ビタミンC誘導体やトランサミンやL-システインやビタミンEがあります。

ビタミンC誘導体は、抗酸化作用があり、メラニンを排出して皮膚を再生させます。

トランサミンはメラノサイト活性化因子をブロックしてメラニンを抑制します。L-システインはメラニンを排出する効果が高いのが特徴です。

そして、ビタミンEはビタミンCと組み合わせることで若返り効果が期待できます。



このように、レーザー治療以外にも、様々なシミ治療が存在します。



レーザー治療を受ける前に、まずこれらで効果が得られるか試してみるのも有効です。
ただし、自分のシミがどの種類に属するのか、まずその種類を特定した上で行う必要があります。